ごあいさつ

印西市長 板倉 正直

印西市では、青少年の健全な育成を推進するため、印西市青少年相談員を設置し、第19期においては87名を相談員として委嘱しています。

子どもたちは、今、核家族化や地域の連帯感の希薄化が一層すすむ社会状況におかれております。子どもが一人前の大人として育つためには、家庭での基本的なしつけはもちろんですが、子どもたちを取り巻く家庭・地域での人間関係や自然・社会体験等の実体験を積み重ねることのできる環境を整備し、青少年の参加を促すことが強く求められています。

そのような中で、青少年相談員の皆様には、青少年キャンプ、長縄とび大会をはじめ、各地区についても様々な事業を展開していただき、人と人との繋がりを感じさせ、地域社会との結びつきを再確認させ、明日の将来を担う青少年の健全な育成に寄与していただいております。

今後とも、青少年の良き人生の先輩であり、相談相手であり、子どもたちのために活躍していただくことを期待いたします。

会長 板倉  裕幸

青少年相談員とは、昭和38年に発足し、千葉県知事及び印西市長から委嘱を受け活動をしている団体になります。青少年相談員の任期は1期3年になります。今は19期にあたり市内9地区に87名の青少年相談員が子どもたちのために活動し、地域の中での青少年健全育成活動に励んでいます。

私たちの活動は、全市対象事業として夏に行われる「青少年ふれあいキャンプ」、冬に行われる「青少年長縄とび大会」があります。また、学校や子ども会、町内会と協力し各地区での「地区活動」も行っています。

19期は、広く私どもの活動を皆様に知っていただけるよう、ホームページなど様々な媒体を活用していきたいと思っています。

相談員一同、子どもたちの笑顔の為頑張っていく所存ですので、是非これからも青少年相談員の活動のご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

???
?????
????????
???????
?????
?????

???????